各地域の活動紹介

“社会を明るくする運動”は、中央推進委員長である法務大臣から全国の都道府県知事と市町村長あてに“社会を明るくする運動”への協力を呼び掛けるメッセージが発出され、地域に根ざし、創意工夫を凝らした活動が各地で展開されています。

「住民集会」「ケース研究会」「学校との連携事業」など、地域に住む人々との直接対話を行う行事は、地域住民の連帯感を高め、地域の問題に対する住民の意識を高める上で大きな効果があったとの声が多数寄せられています。

皆様も是非お住まいの地域の行事に御参加下さい。

  • 中学生による意見発表会

    <中学生による意見発表会>

  • 市民との合同公開ケース研究会

    <市民との合同公開ケース研究会>

  • 保護司と地域住民との対話

    <保護司と地域住民との対話>