シリーズ 「更生保護」って何だろう?

「保護司」に会いにいく 第1回 ていねいに、ていねいに、一人ひとりと向き合う。

  • 第1回
  • 第2回
  • 第3回
TEXT SIZE
小
大

たくさんの思いが染みこんだテーブル

ふうか 何人くらい受け持たれているんですか?
中澤さん 今は7名ですね。ちょっと多いのかな。
私の場合、だいたい7割が10代で男の子。
あとは女の子と成人が1割くらいです。
ふうか 保護司としてどんなことを?
中澤さん 受け持った人(保護観察の対象者)とは、
月に2回くらい、うちに呼んで面接することになります。
近況を聞いたり、悩み事があれば相談に乗ったり。
お腹を空かせてたらご飯をつくって食べさせたりね。
あとは月に1度くらい、彼らのお宅を訪問して
ご家族と家庭環境や本人の生活について聞いたりもします。
ゆうか 本人との面接はこちらで?

中澤さん そう、まさにここ。このテーブルで。狭いでしょ?(笑)。
でもね、こんなちっちゃなテーブルなんだけど、すごい愛着があって。
うちはここでお話しして、ここでご飯食べて、ここで書類を書くしかないの。
ほかに場所もないし。
だからこのテーブルで、もう何百人もの相談ごとを聞いてきたし、
いっしょにご飯を食べてきたんです。
このガタガタの小さいテーブルにね、本当にいろんな思いが染みついてるの。
ゆうか なるほど、そう考えるとすごいテーブルですね。

中澤さん だからね、人と向き合うには畳半畳あったら十分なんですよ。
どんなに広くて立派なお家だって、
受け入れる気持ちが狭かったら心を通わせられないでしょ?
うちは狭いけど、気持ちの間口は広いんだ、
人を受け入れる奥行きがあるんだって気持ちでいるんです。

ページの先頭へ

TEXT SIZE
小
大

あやまちからの出口に関わること

ゆうか 面接に臨むときはどんな気持ちなんですか?
中澤さん 保護司の役目って、あやまちから戻ってくる出口に関わることなんですね。
ここが最後の砦というか、ぜったいに後戻りさせない。
だから「どんなことがあっても、君たちの側に立って考えるからね」
「いつも君のことを思ってるからね」ということを、まずは伝える。
あんまり大げさなことは言わないけど、
そういう気持ちがあるんだよってことを伝えて、
安心してもらう。そこからがスタートですね。
ゆうか それは時間がかかりそう…。
中澤さん 聞きたいことはいっぱいあるんだけど、答えを急がないで、ゆっくりと。
相手が話したくなるまでじっくりと待つ。
ポロッと自然に言葉が出てくるような雰囲気づくりっていうのかな。
変に問い詰めたりはしないで、
向こうがいろいろ話してくれるようになるまで辛抱強く待つんです。
ふうか 面接ではどういったことをお話しするんですか?
中澤さん 私の場合は日常的な会話が多いですね。
「何時に起きたの?」「ご飯は食べた?」とか。
まずは“今日の話”から入って。
そこから少しずつさかのぼっていく感じ。
「仕事、行ってないんだって?」なんていきなり責めたりはしない。
ズバッと言うとしても、相手をみて、性格や雰囲気が分ってからじゃないと。
ふうか 頭ごなしに叱ることはないんですね。
中澤さん もちろん、きついことを言わなきゃいけないこともあるんですよ。
でもちゃんと向き合って、そこで信頼関係ができていれば、
ある程度ズバズバ言っても受け入れてもらえる。
「中澤さんに言われたらしょうがないな」って。
そこまではね、本当に気長に積み重ねていくしかない。

ページの先頭へ

  • 1
  • 2
  • 3

保護司 中澤照子さん(保護司)

中澤照子さん(保護司)
平成10年に保護司を委嘱され、以来、江東区の保護司として多くの保護観察対象者を受け持ちながら、清掃活動や小学校での読み聞かせなどの地域活動にも積極的に参加している。

聞き手 ゆうか(BBS会員)

ゆうか(BBS会員)
大学3年生。大学のサークルでBBS会の活動に参加。学習ボランティアとして少年たちに勉強を教えたり、ともだち活動などを行っている。

聞き手 ふうか(BBS会員)

ふうか(BBS会員)
大学2年生。BBS会には1年前から所属しているが、活動への積極的な参加は今年から。現在、更生保護について勉強中。
保護司とは?
犯罪や非行をした人の立ち直りを地域で支える民間のボランティア。法務大臣から委嘱された非常勤の国家公務員とされていますが、給与は支給されません。保護観察官と協力して保護観察に当たるほか、犯罪や非行をした人が刑事施設や少年院から社会復帰を果たしたとき、スムーズに社会生活を営めるよう、住居や就業先などの環境の調整や相談を行っています。現在、全国で約4万8,000人の保護司が活動しています。
BBS会とは?
BBS(Big Brothers and Sisters Movementの略)会は、さまざまな問題を抱える少年と、兄や姉のような身近な存在として接しながら、少年が自分自身で問題を解決したり、健全に成長していくのを支援する青年ボランティア団体です。児童福祉施設における学習支援活動や児童館における子どもとのふれあい行事なども実施しています。