シリーズ 「更生保護」って何だろう?

「保護司」に会いにいく 第3回 帰れる場所がある。待っていてくれる人がいる。

  • 第1回
  • 第2回
  • 第3回
TEXT SIZE
小
大

「絆」とは、糸を半分ずつ持ちよること。

ゆうか お話を聞いていると、保護司のお仕事って、
ただ関わるだけ・話すだけじゃなくて、
心のどこかがつながらないとダメなんだなって思いました。
中澤さん でもね、別につながらなくてもいいのよ。
いっときだけでも、自分を良しとしてくれる相手がいるって感じてもらえれば。
ふうか つながらなくてもいい?
中澤さん つなげよう、つなげようって無理につなげなくてもいい。
近ごろ「絆」って言葉がよく使われてるけど、あれって「糸」に「半」じゃない。
だからお互いに半分ずつ糸を持つような感じでいいのよ。
ふうか たしかに…。
中澤さん 強い絆を結ぼう、なんて思い込まなくていいのよ。
ふわふわっとした半分の糸を持ってる人同士がまたつながっていくわけだから。
今度はまた別の半分同士がつながっていくかもしれないし。

ゆうか なるほど。その方が広がっていきますね。
中澤さん だからね、ワイヤーローブだとか綱引きの綱みたいな、
あんな大きくて太いものじゃなくたっていいんです。
細くてもふわふわって飛んでるうちに、またそれが誰かと結びついていけば。
私はそんな風に考えてます。
ゆうか ああ、いいお話ですね。
中澤さん 前に受け持った子が言ってたんだけど、
私と会うまで親と学校の先生以外の大人と話したことなかったって。
はじめて話をした大人が私だって言うのよ。
ふうか そういう子もいるかもしれませんね。
中澤さん 大人はみんな敵だと思ってるからね。
親や先生でさえ敵だと思ってるわけだから。
だからこそ保護司は、親とも先生とも違う、大人の第三者としての関わり方を
探していかなくちゃいけないんだなって思うんです。
ふうか どんな立ち位置だと考えていますか?
中澤さん なんでもそうだけどね、洗濯機の中にいっしょに入っちゃったらダメなのよ。
洗濯機っていうのはたとえですけどね。自分まで関係性の中に入っちゃったら、
いろんなものが絡まってわけがわからなくなっちゃう。
やっぱりどこかに外から見てるって部分がないと。
ふうか 客観性が求められるということですか?
中澤さん そう。いろんな子がいるし、環境もそれぞれ違いますから。
それに「他人だからできる」ってこともあるのね。
これが自分や家族のことだったら、
私だって渦の中に飛び込んじゃって絡まっちゃうかもしれない。
人様のことって言うと冷たいようだけど、でもそういった距離感も大事なんです。

ゆうか バランスを取ることも大切なんですね。
中澤さん あんまりべったりでも自立できなくなっちゃうからね。
だから子どもによっては、
ある程度ブレーキをかけてみたり、距離をとってみたり。
かと言って、つき離すわけにはいかないから、少しずつ様子を見ながらね。
でも、そのうちみんなしっかりしてきますよ。時間はかかるけど。

ゆうか そうなんですね。
中澤さんは、これまで保護司を辞めようと思ったことはないんですか?
中澤さん ぜんぜん。まったくないですね。
まだまだ、たくさんの子どもたちと関わりたい。
みんな何かに迷ってる子ばっかりだから。
一人でも多く関わって、何かを感じてもらえればって。

私ね、だれかを「救おう」とか「役に立とう」とか、
そんなたいそうな気持ちはないんですよ。
関わったことで、その子にとっての息抜きになればいい。
立ち直りのきっかけになればいい。
こういう場所があるんだよ、こういう人間もいるんだよってことを
伝え続けていければいいなって考えてるんです。

ページの先頭へ

  • 1
  • 2
  • 3

保護司 中澤照子さん(保護司)

中澤照子さん(保護司)
平成10年に保護司を委嘱され、以来、江東区の保護司として多くの保護観察対象者を受け持ちながら、清掃活動や小学校での読み聞かせなどの地域活動にも積極的に参加している。

聞き手 ゆうか(BBS会員)

ゆうか(BBS会員)
大学3年生。大学のサークルでBBS会の活動に参加。学習ボランティアとして少年たちに勉強を教えたり、ともだち活動などを行っている。

聞き手 ふうか(BBS会員)

ふうか(BBS会員)
大学2年生。BBS会には1年前から所属しているが、活動への積極的な参加は今年から。現在、更生保護について勉強中。
保護司とは?
犯罪や非行をした人の立ち直りを地域で支える民間のボランティア。法務大臣から委嘱された非常勤の国家公務員とされていますが、給与は支給されません。保護観察官と協力して保護観察に当たるほか、犯罪や非行をした人が刑事施設や少年院から社会復帰を果たしたとき、スムーズに社会生活を営めるよう、住居や就業先などの環境の調整や相談を行っています。現在、全国で約4万8,000人の保護司が活動しています。
BBS会とは?
BBS(Big Brothers and Sisters Movementの略)会は、さまざまな問題を抱える少年と、兄や姉のような身近な存在として接しながら、少年が自分自身で問題を解決したり、健全に成長していくのを支援する青年ボランティア団体です。児童福祉施設における学習支援活動や児童館における子どもとのふれあい行事なども実施しています。