おかえり。 犯罪や非行をした人の多くは、反省と償いを経てやがて社会へ戻ってきます。彼らの立ち直りには、本人の努力はもちろんですが、まわりの人や社会の支えが欠かせません。住まいがあれば、明日を信じられる。仕事があれば、自分を信じられる。まっすぐに受け入れることで、繰りかえされるあやまちを減らすことができる。つまづいても、やり直せる社会へ。「おかえり。」という言葉には、更生保護の原点にある思いが込められています。

「おかえり。」に込められた思い

「第65回 社会を明るくする運動」ポスター
「第65回 社会を明るくする運動」ポスター 拡大してみる
「社会を明るくする運動」について >